インフルエンサーマーケティングを失敗させないために大切な5つのポイント!

2018年1月12日

インフルエンサーマーケティングはもともと海外からはじまったもので日本ではそこまで浸透していないマーケティング手法でしたが、YouTuberの台頭やInstagramの普及によって最近は日本でも徐々に事例が増えてきており、自社のマーケティング施策として注目している企業も増えてきているようです。

とはいえ何事にもあてはまることですが、「流行っているからウチも」という単純な動機でこういった施策を実行しても絶対にうまくいきません。むしろ時間とお金を無駄にしてしまうだけです。

というわけで今回は、インフルエンサーマーケティングを失敗させないために大切な5つのポイントについて、説明していきたいと思います。

① インフルエンサーの性質やフォロワーをしっかりとチェックする

インフルエンサーの性質

インフルエンサーマーケティングを実施する場合に一番大切なことは何でしょうか?企画の内容や利用するメディアの選定など、人によって様々な回答が予想されますが、一番大切なことは「インフルエンサーの選定」です。「何を依頼するか」を考えるまえに、まずは「どんな人に依頼をするか」をしっかりと検討しなければ、インフルエンサーマーケティングは成功しません。

例えば、単純にフォロワー数などの数字だけで、依頼する人物を選定してしまうのはとても危険です。特にインスタグラムなどの場合、仮にフォロワーが多くてもその大半が日本人ではなく海外の人というケースも多く、商品やサービスによっては意図したターゲットに届かないプロモーションになってしまう可能性があります。

フォロワーの男女比はどれくらいか、そしてフォロワーの年齢はどれくらいでどういったことに興味を持っているのか、という所までチェックした上で、依頼するインフルエンサーを選定することが大切です。

② 過去にどれくらいの回数インフルエンサーマーケティングに協力しているかをチェックする

インフルエンサー_PR_投稿回数

これは上のポイントにもつながる事ですが、インフルエンサーが過去にあまりにもたくさんインフルエンサーマーケティングに協力した投稿をしている場合、そのフォロワーは宣伝投稿に飽きてしまっている可能性が高く、場合によってはプロモーションの投稿をネガティブに捉えてしまうかもしれません。

フォロワーといい関係を築けているインフルエンサーでなければ、どんなにフォロワー数が多くても依頼をする意味がありません。プロモーションの投稿回数が多すぎないかどうかも、インフルエンサーを選定する際に忘れずにチェックしましょう。

③ 投稿する内容のリアリティーを大切にする

インフルエンサーマーケティング_投稿_リアリティー

フォロワーはインフルエンサーの本心による投稿でなければ、コンテンツに興味がもてません。インフルエンサーのフォロワーはその人の熱心なファンなので、投稿が嘘ではなく、本心から思っているモノなのかどうかを簡単に見抜いてしまいます。プロモーションを仕掛ける企業側が用意したテンプレートに沿って丁寧に商品をPRしたとしても、フォロワーはその投稿を面白いとは思わないでしょう。

インフルエンサーに商品やサービスをしっかりと使ってもらう事はもちろんですが、ポジティブな内容だけではなくあえて実際に感じたネガティブな感情も一緒に投稿してもらうなど、投稿にリアリティーをもたせることを大切にしましょう。発注する企業が投稿の内容をコントロールしすぎると上手くいかないので注意です。

④ 「PR」の表記は必ず忘れずに!!

インフルエンサーマーケティング_PR表記

インフルエンサーマーケティングは一歩間違うとステルスマーケティング(ステマ)と認識されてしまう危険性があり、インフルエンサーマーケティングを行う場合は必ず「PR」や「プロモーション」など、投稿が宣伝によるものだと分かるように表記することが義務付けられています。コンテンツを投稿する際は忘れずにチェックするようにしましょう。

⑤ インフルエンサーマーケティングを行う、そもそもの目的を見失わないようにする

インフルエンサーマーケティング_目的

インフルエンサーマーケティングは、あくまでも数多く存在するマーケティング手法の一つでしかありません。解決したい課題が何かによって、最適な方法は変わってきます。つまり、マーケティングプラン全体の中に、インフルエンサーマーケティングをどのような位置付けとして組み込んでいくのかということが大切になり、単純にインフルエンサーマーケティングを行えば売り上げがUPするということではないのです。

インフルエンサーマーケティングは主に商品やサービスに興味・関心をもってもらったり、検討してもらうといった目的には適していますが、直接商品の購入につなげたい、というようなハードルが高めの目的には適していません。もしも購入につなげることが施策を行う目的であるならば、インフルエンサーマーケティングではなく別の方法で目的にアプローチをしたほうがいいかもしれません。

まちがってもインフルエンサーマーケティングを行うこと自体が目的になってしまわないように注意しましょう。

さいごに

インフルエンサーマーケティング_投稿内容_ポイント

インフルエンサーマーケティングは、インフルエンサーに商品やサービスについて投稿してもらう事が目的なのではなく、インフルエンサーのフォロワーに商品の魅力がしっかりと伝わったり、インフルエンサーが本当に心から商品やサービスを楽しんでいる様子がしっかりと伝わることが目的の施策です。フォロワー数やリーチ数などのわかりやすい指標だけを頼りにせず、ユーザーに面白いコンテンツの一つとしてしっかりと届くようなプランを設計して、実行していくことを忘れないようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カムなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

YouTubeアカウントをお持ちなら、無料でYouTube運営に必要な情報を得られます

kamui trackerに登録すると、フォロワーを増やすのに欠かせない分析情報を得られるだけでなく、企業から仕事の依頼を受けたり、より見られる動画のキーワードを探すことにも役立ちます。

動画マーケティングを検討中の企業はこちら

kamui trackerは、インフルエンサーを起用した動画マーケティングの支援やTrueview広告の運用支援を行っています。YouTube、Facebook、Instagram、ニコニコ動画に対応する日本最大級のインフルエンサーデータを保有し、独自のデータを活用したマーケティングが特長です。

こちらもオススメ: 動画マーケティングの新着記事

2018年1月15日

インフルエンサーマーケティングの費用対効果をUPさせるために大切なこと

インフルエンサーマーケティングとは、企業の代わりにインフルエンサー(SNSなどに一定数のフォロワーを持っていて、ある特定の業界やジャンルにおいて影響力がある人物のこと)に新しい商品やサービスを宣伝して… >続きを読む

2018年1月12日

インフルエンサーマーケティングを失敗させないために大切な5つのポイント!

インフルエンサーマーケティングはもともと海外からはじまったもので日本ではそこまで浸透していないマーケティング手法でしたが、YouTuberの台頭やInstagramの普及によって最近は日本でも徐々に事… >続きを読む

2018年1月10日

YouTuberを使ったプロモーションを行う3つのメリットとは?

中高生のなりたい職業ランキングトップ10にランクインしたことや、HikakinさんやSeikinさんなどのビッグネームに加えて、元SMAPの草彅剛さんもYouTuberとしてデビューしたことなどをふま… >続きを読む

2018年1月9日

動画マーケティングの種類と特徴について

動画マーケティングとは名前の通り、動画をプロモーションの手段として利用するマーケティング手法のことで、YouTubeやYouTuberの盛り上がりと同時にさらに拍車をかけて需要が大きくなり、最近では多… >続きを読む

2018年1月4日

YouTube企業チャンネルランキングをチェックして、企業PR成功のコツを探ろう

こんにちは、トールです。 まずはこちらをご覧ください。 これは先日、週刊YouTubeランキングに新たに追加された企業・団体ランキングです。(※集計期間:2017/12/12~12/19) 企業・団体… >続きを読む

「インフルエンサーマーケティングを失敗させないために大切な5つのポイント!」へのコメント

この記事への最初のコメントを書きませんか?